知っておきたい家族葬の基礎知識

核家族化や少子化、非婚化、単身世帯の増加など、昨今の社会のライフスタイルの変化によって、人々の宗教観に対する考え方もだいぶ変わってきました。

家族葬情報は見逃せません。

当然のことながら葬儀についても例外ではなく、従来の葬儀形式にとらわれないお葬式を選択する故人や家族も、多々見られるようになっています。

そのような中で最近注目されつつあるのが家族葬です。

日本経済新聞の情報はここで調べよう。

そもそも家族葬については法的にも慣習的にも明確な定義はなく、葬儀業者によるビジネスニーズの一環として登場したという経緯があります。


それが現代人のライフスタイルや価値観にマッチして、近年になって定着してきたのです。家族葬のイメージとしては、家族や親族を主体とした少人数のコンパクトな葬儀として、一般的に想定されているケースが多いようです。


また葬儀業者も概ねこのようなイメージで、広告宣伝を打っているところが多々見受けられます。


ここでよく誤解されるのが式の流れについてです。


上述したようなイメージにより、通夜または告別式、あるいは両方を省略した葬儀であると、勘違いしてしまう方がいるので注意が必要です。


またこれに伴って、料金についても一般の葬儀に比べて過大にリーズナブルなイメージを抱きやすく、後々トラブルになるケースもあります。そもそも家族葬の式の流れは一般の葬儀とほぼ同じであり、料金についても業者によって基本料金を高めに設定するタイプや、低額の基本料金に高めのオプション料を加算するタイプなど、多種多様なバリエーションが存在します。
したがって家族葬を利用する前には、まずしっかりと自分で情報を収集して、綿密に業者との調整を図る必要があります。



身に付けたい知識

人の人生にはいくつか大きな節目があります。その節目は入学式や卒業式、就職や結婚などと答える人も多い事でしょう。...

more

初心者向きマナー

近年、新しい葬儀のかたちとして、家族葬を行うところが増えてきました。これは家族や親族、個人と親しかった身内のみで行うという形式の葬儀です。...

more

身に付けよう

昔から続いて来た派手で規模の大きな葬儀には、遺族がバタバタする事で、深い悲しみに落ち込み過ぎないと言うメリットもありますが、費用が高額過ぎると言うデメリットもあります。近年では、こうした従来タイプの規模の大きな葬儀ではなく、ごく親しい親族や友人だけで、こじんまりとした葬儀で、故人をゆっくりと偲びつつ送ると言う葬儀を選択される人が増えています。...

more

マナー関係の真実

最近は、以前のように、たくさんの親戚や知人などに連絡を取って、大きな葬儀場で執り行う一般葬よりも、家族だけで小さな場所を借り、大切な故人を偲び、あの世へと送り出す家族葬が増えているのではないでしょうか。たとえば、大会社の社長などが現役で急逝し、社葬として盛大に執り行う葬儀であれば、今でも多くの人々を招いて執り行う必要があるでしょう。...

more